2022年5月6日金曜日

5/28(土)・・・休診

院長所用により休診です。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。



2022年4月30日土曜日

5/2の予約枠

5/2の予約枠を一部開放してます。

診療開始時間の9時、14時は受付、看護師による問診トリアージ混雑しているかもしれませんので、時間に余裕をもってお越しください。

シラカバ花粉は例年の2.5倍らしく、くしゃみなどに加えて目かゆくなっている方、例年より多いようですので、お気を付けください💗

2022年4月26日火曜日

ゴールデンウィーク期間の診療について

2022のゴールデンウィーク期間ですが、暦通りに診療おこないます。

なお、4/30(土)・5/2(月)に関しましては、混雑&予約時間に診られない可能性が高いので、すでに予約されている方を除き、受付順(予約なし)の診察とさせていただきます。時間に余裕をもってお越しください。

2022年4月20日水曜日

スギ花粉?患者さんに教えてもらったこと

道立衛生研究所のHPは、時折チェックしているのですが、ハンノキ花粉は3月連休くらいからとんでいました。まだシラカバ花粉飛んでいないのに本州から引っ越ししてきた患者さんが症状あるというので、林野庁の情報なども含めてスギの植生調べていましたが、北海道でも道南、円山にはまあまあスギはあるようですが、古めの情報で更新してくいれないかな、と思っていました。
すると、道立衛生研究所のHPでもハンノキ、スギ、イチイの花粉計測していることがわかりました。温暖化で今後増えていくのでしょうか…
スギの免疫療法おこなっている方もおりますので、ご相談ください。

なんといっても今週末(皆さんの予想では4/23ころ)から、いよいよシラカバ花粉飛ぶようです。ご注意ください。
道立衛生研究所HPより

イチイ

スギ



 

2022年3月13日日曜日

3・4月の診療日、診療時間の変更について(追加) 

3/18(金)は自宅待機などスタッフ不足のため午後休診とさせていただきます。

4/6(水)ですが、院長私用(小学校入学式)のため休診とさせていただきます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。



2022年3月9日水曜日

花粉アレルゲン回避の実際~アレルギー学会から その2

5年に1回のアレルギー学会専門医の更新しました。ダニ・スギ花粉に関しては根治を目指す免疫療法が小児でも保険診療でおこなわれていますが、シラカバ・ハンノキ・キク科・イネ科に関しては国内では認可されていないので、対症療法・薬物療法が中心になります。くしゃみ鼻水のスイッチが入る2週間前からの内服が有効とされています。

なお道立衛生研究所HP(http://www.iph.pref.hokkaido.jp/)によると昨年2021年は3月1週目に札幌でもハンノキ花粉飛んだとのことです。


花粉アレルゲン回避の実際

・花粉症の場合は、可能な限り曝露されないように以下の点を参考ににしてください(なんとなくわかっているような気がしていますが、学会誌にもここまできっちり記載されています)

①花粉飛散情報に注意する。

②飛散の多いときの外出を控える。外出時lこマスク、メガネを使う。

③表面が毛羽立った毛織物などの衣服の使用は避ける。

④帰宅時、衣服や髪をよく払ってから入室する。洗顔、洗眼、うがいをし、鼻をかむ。

⑤飛散の多いときは窓や戸を閉めておく。換気時は窓を小さくあけ、短時間にとどめる。

⑥飛散の多いときはふとんや洗濯物の外干しは避ける。

⑦掃除を励行する。特に窓際を念入りに掃除する。

なお、④に関してですが、鼻うがいで入り口をゆすぐのは有効ですが、右鼻から入れて左鼻から出すように洗うとアレルゲンをわざわざ奥に入れることになるので、逆効果です。

2022年3月2日水曜日

ダニアレルゲン回避の実際~アレルギー学会から その1

5年に1回のアレルギー学会専門医の更新しました。根治を目指す免疫療法もおこなっていますが、そのなかで、皆さんに有用な情報としてお届けします。

ダニアレルゲン回避の実際

アレルゲン免疫療法を施行する場合には、その効果を確実に得るために、十分なアレルゲン回避は必要です。ダニアレルゲンに可能な限り曝露されないように以下の点を参考にしてください。(厳しめで以前から言われていることではありますが、ここまできっちり記載されています)

①常に室内を清潔にし、ダニが繁殖しやすい環境(室内温度25℃以上、相対湿度60%以上)を避け、室内の清潔や通気を心がける。

②ダニが繁殖しやすい「じゅうたん」や「布製ソファ」などの使用は避け、フローリングの床が望ましい。

③床や畳に掃除機をかける際は、1平方メートルあたり1回20秒の時間をかけて毎日行うことが望ましい。

④寝具の管理は重要であり、寝具へ掃除機をかける際は、1平方メートルあたり1回20秒の時聞をかけて週1回以上行う。シーツや寝具はこまめに交換や洗濯することが望ましい。

⑤優れた品質の防ダニシーツの効果はある程度望めるが、殺ダニ剤の使用は推奨されない。

⑥年1回は室内の徹底した大掃除が必要である。

⑦室内ペット(イヌ、ネコ、ウサギ、げっ歯類など)飼育は、ペットアレルゲンの新規感作やダニアレルゲンの増加をもたらすため避ける。

なお、ダニは6-8月に増殖しますが、アレルゲンとなるのは
死骸やフンなのです。なので、殺虫剤的なものは意味がなく、掃除が重要ということですし、北海道の場合は冬は密閉空間で換気も悪いのでダニアレルギーの割合は全国的に上位なのです。人間のアカやフケ、食べこぼしなどをエサにするので、ベッドの上にお菓子の食べ残しがある状況は、ダニにとっては好都合なわけです。

2022年2月13日日曜日

発熱のある方、ひどい咳、のどの痛みのあるの方へのお願い

当院は施設の構造上、札幌市の指定する「発熱外来」には、登録されていません。

2日以内の発熱のある方、ひどい咳、発熱ないがのどの痛みがある方は、感染拡大防止の面から待合室へのご案内を制限しており、少なくともまん延防止等重点措置の期間は、原則としてお車での診察としています。症状にて院内診察・電話診療・発熱外来受診が適切か判断しますので受診および予約前にお電話011-669-4133ください。どうも「発熱おさまったけれどものど痛みが残る」みたいな人がオミクロン株が広がる厄介な特徴のような印象を持ってます。

札幌市の「発熱外来」については、 「救急安心センターさっぽろ」(#7119))または札幌市WEB 7119 をご活用ください。

受診歴のある方は保険証の確認が必要ですが、電話診療による処方箋発行も可能です(日数、薬の種類など一部制限があります)。ぜひご活用いただき、感染防止にご協力ください。










2022年2月3日木曜日

発熱なくても「のど痛い」の症状の方へ

コロナのことでブログに記事を書くことは少ないのですが、コロナ陽性者の同居家族などの濃厚接触者が発熱などの症状が出た場合は、医師の判断で患者とみなす、「みなし陽性」とする方針に北海道も加わったとのことです。
オミクロン株はデルタ株などに比べ、発熱がなくてものどの痛みの症状がでているケースが多いのですが→オミクロン株症状は のどに痛み、味覚障害少なく - 産経ニュース (sankei.com)
となると、「みなし陽性」のなかにも、扁桃炎、扁桃周囲膿瘍、溶連菌感染、ヘルパンギーナ、喉頭がん、咽頭がんetc・・・
など隠れていて見逃すリスクが高まることになります。

なので、PCR検査、複数回の抗原検査で陰性であれば院内で普通の診察室でも感染リスクなく診察できるのですが、本日からさしあたってまん延防止等重点措置が終わるまで、発熱なくても「のど痛い」の症状の方は、院外の駐車場(車内)でのどの診察をおこないます。
発熱・ひどい咳に加えてのどの痛みがある方は来院前に必ずご連絡ください。

なお、緊急性の高いのどの痛みの症状としては口が開けづらい含み声(こもった声)片方ののどの痛みが耳に響く&同じ側のあごの腫れです。発熱外来でも唾液の検査のみおこなっているところも多いですので、ご注意ください。